強靭なウォーターサーバー
強靭なウォーターサーバー
ホーム > 葉酸サプリ > 実際に葉酸を摂りすぎるとどんな影響がある?

実際に葉酸を摂りすぎるとどんな影響がある?

妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

 

特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含有していますから、既定の容量を厳守するようにしてください。

 

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。

 

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が知られるようになってきました。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。

 

葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

 

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸の摂取を心がけてみてください。不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。

 

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは子宮や卵巣の機能が低下することがあります。ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になることも少なくなく、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。穏やかな気持ちで治療を続けることは赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

 

葉酸サプリはベビ待ち夫婦におすすめのサプリです。