強靭なウォーターサーバー
強靭なウォーターサーバー
ホーム > 交際クラブ > 女心と交際クラブ

女心と交際クラブ

女心と秋の空なんて、若い女性は、そんな言葉を知っているのだろうか。スポーツジムで知り合った20ちょっと年の離れた女性とデートをした。デートと言っても食事をして、その後、街をうろついただけなのではある。女性と二人で、休日に食事に行くことは、私の世代ではデートと言う。私がデートだと思っていればそれはデートなのだ。それにほんの少しだけれど、向こうにも脈があるのではないかと思う。あちらから相談があると、呼び出されたのだ。相談の内容は、付き合っている彼氏のことだった。その女性が付き合っている男性は、私が通っているスポーツジムのインストラクターである。その彼女も、スポーツジムに通っていて知り合ったのである。他のジム仲間には、一部の人を除いて内緒にしているらしい。お客様として来た女性と付き合っているというのは、よくないと考える人もいるし、結婚が決まるまでは、親しい間柄の人以外には、言わないでおくことにしているらしいのだ。ジムで顔を合わすことが多く、よくしゃべる間柄になって彼女がこっそりとインストラクターの彼と付き合っていることを教えてくれたのだが、それは私と親しい間柄になったと思ってくれたと考えていいのだろうか。打ち明けられたのは、知り合ってから一ヶ月と少しの頃で、今もまだ知り合って三ヶ月たつかたたないかというところだ。親しい間柄の人にしか喋らないと決めているのに知り合って一ヶ月そこらの私にそれを喋るというのは、私にそれだけなにかを感じてくれた。ということなのだろうか。それとも、年が離れすぎているので、父親のように感じて喋りやすいのだろうか確かに親子ほど年齢は離れているが、それだとなんだかモヤモヤとした気持ちになってしまう。50代のオヤジが20代の女性に、男性としてみてほしいと思うのはおかしいだろうか。張り切ってしまうのはおかしいだろうか。気持ちがわくわくしてしまうのはなんでだろうかと考えた。わくわくは年齢に関係なく心の奥から感じる事なのでこの気持ちをもっと感じたいと思ったのである。そこで若い女性と出会える会員制の交際クラブに登録をしてみたのである。会員制の交際クラブのよさはそのわくわく感が最後まで持続出来て最後まで行ける事に満足感が得られるためだからである。このような一般の女性とデートをすると最後までの交際はかなり強引にしないと成立しないからである。交際クラブであればそこは普通に最後までの交際が出来るのでとても満足感は高く指名した女性を一時的にも愛しきった優越感もあるのである。